ブログ・コラム

Blog・Column

注文住宅の成功のカギは間取り!後悔しない家作りのポイント|千葉・茨城の注文住宅・新築一戸建てならワールドハウス

2020.09.06 (日)

お役立ちコラム

自分のこだわりを反映させた家作りが注文住宅です。家が完成すれば「理想の家ができた!」と喜びもひとしおです。しかし、実際に住み始めると「こんなはずではなかったのに…」と感じる方が多いようです。中でも特に多いのが「家の間取り」です。どうして、間取りで失敗したと感じてしまうのでしょうか?
間取りでよくある失敗例や、成功させるためのポイント、成功事例などについて詳しく紹介します。


目次
■注文住宅の間取りで失敗しないために必要なこと
■間取りでよくある失敗例
■注文住宅の間取り成功例
■注文住宅プラン別の間取り成功例
■間取りを決めるプロセス
■間取りを決める上での注意点






注文住宅の間取りで失敗しないために必要なこと


自分の理想とする家作りができる注文住宅ですが、これまで紹介したように完成後、理想の生活と現実のギャップを感じ、間取りで失敗したと感じる方も多いようです。一方、「間取りも上手くできて満足できる家になった」という方もいます。間取りで成功した家には、ある共通点があります。それは、「生活動線をしっかり考えられている」ことです。

つまり、家の中を移動する際のルートがスムーズになるように間取りができていることです。例えば、寝室の近くに洗面所があると、朝起きた時にスムーズに洗面所に移動ができすぐに顔が洗えます。来客が多い家の場合、訪問客をもてなす部屋と、家族が過ごす部屋が隣接しないように距離を空けるなど、家族や訪問客がストレスを感じることがない間取りになっていることがポイントです。




注文住宅の間取りでよくある失敗例


台所

台所と外の出入り口となる「勝手口」がなくて失敗したという体験談もあります。生ごみを捨てる際、地域のごみ捨て場まで持って行くのに通路を通って玄関まで行く間取りになってしまいました。通路を過ぎるあたりで、ごみの液がこぼれて毎回汚れてしまい、ごみ出し後の掃除が面倒で困ってしまうそうです。台所から玄関までの移動距離が長いなら、台所の近くに勝手口を作った方が得策だったでしょう。


玄関

家族の靴が収納できる人気のシューズクロークを配置。靴がたくさん収納できて便利になったものの、「換気口」を付けかったために靴のニオイがこもってしまう結果に…。シューズクロークは靴をたくさん収納できるがゆえに、靴から発生するニオイがたまりやすい場所です。換気口や窓を作って空気の通りを良くして、ニオイや湿気対策を取ることをおすすめします。


トイレ

トイレはプライベートな空間ですので、できれば人目がつかない場所に配置したいもの。ところが玄関から入った時にすぐにトイレが見えると、訪問客が複数名やって来る場合、トイレに入ったり出たりする時に顔を合わせることもあるので使いにくくなります。玄関と同じように、人が集まりやすい場所がリビングです。リビングの近くにトイレを配置してしまうと、トイレに行くたびにリビングを通らなければならず、人の目線が気になってしまいます。


収納スペース

物をたくさん収納したいと考えるなら、収納スペースの面積を広げれば良いと思い込みがちです。しかし、その考えはかえって失敗のもとです。収納で大事なのは広さではなく「使いやすさ」です。奥行きを取り過ぎると、物を多く収納することはできますが、取り出す際に問題が生じます。手前の物は取り出しやすいのですが、使いたい物を奥にしまうと取り出しづらく、結局、手前の物を一旦取り出して探すことになります。






注文住宅の間取り成功例



リビング階段

リビング階段は、その名の通りリビングに取り付ける階段のことです。一般的に階段は玄関に配置されるケースが多いのですが、家族が集まるリビングに取り付けると、2階に子供部屋があるのなら行き来する子供の姿が確認できます。小学生や中学生のいる家庭で、子供の日常を見守りたい方におすすめの間取りです。また、階段下のスペースを上手く活用すれば、掃除機などやリビングに飾る季節の飾り物(クリスマスツリー・ひな人形・五月人形)の収納も可能です。



リビングと隣接する和室

意外かもしれませんが、リビングの隣りに引き戸のある和室を設けると便利です。引き戸を開けるとリビングと一体化して広くなり、引き戸を閉めると独立した和室の空間ができます。例えば、リビングでテレビを見るのに飽きた子供の遊び場のスペースとして、あるいは勉強部屋として臨機応変に使うことができます。急な来客があっても、引き戸を閉めて和風の空間を作って、客間として利用することが可能です。冬になれば掘りこたつも作れるので、リビングでの過ごし方の選択肢も増えます。


対面式キッチン

対面式キッチンは、リビングやダイニングと対面する形で料理ができるスタイルです。他の部屋と仕切られる独立型キッチンと違って、リビングやダイニングが見渡せるので、家族や来客と会話を楽しみながら料理ができます。また、幼い子供がいる家庭では、どこに行くのか目が離せませんが、対面式キッチンなら、炊事中でも子供の様子を見守れるので安心です。


パントリー

パントリーはキッチンの側にある収納スペースで、食器・食品・調理器具などを保存します。平日は共働きのため、週末に一週間分の食料を買い込んで収納する際に非常に重宝できる間取りです。


ウォークインクローゼット

普通のクローゼットは、衣類だけ収納できて人は入れませんが、ウォークインクローゼットは、衣類が収納できて取り出す際に人も入れるクローゼットです。一般的なクローゼットよりも広いので多くの衣類が収納できます。また、室内を歩けるスペースがあるのでその場での着替えも可能です。


ウォークイン玄関収納

ウォークイン玄関収納は、ウォークインクローゼットの玄関バージョンです。玄関の近くに収納用の土間を作るイメージで、靴や傘、アウトドア用品、ゴルフバッグ、幼い子供用のベビーカーなどを収納します。






注文住宅プラン別の間取り成功例


1,000万円台の注文住宅


●1,000万円台の特徴とは?
施主の希望を取り入れつつ、家の建築コストを抑えたのが「1,000万円台の家」です。1,000万円台の家は「無駄を極力省いたシンプルな家」が多い傾向があります。そのシンプルさが最もよく表れているのが外観。家の形が凸凹しておらず、真上から見た場合に、長方形や正方形になるようにシンプルに設計されています。また、住宅宅設備もできる限り無駄を省き、食器洗い乾燥機などの「多機能な」設備は使用せず、必要最小限の機能を搭載した設備のみを使用。シンプルでスタイリッシュ、かつコストを抑えたい方におすすめの家です。


●1,000万円台住宅の間取り成功例
1,000万円台の間取りの成功ポイントは「シンプルさ」にあります。間取りを作る基本となる生活動線もシンプルに考えます。例えばリビングやキッチン、水回りを直接つなぐ間取りにして廊下はあえて作らないなど、最短の動線ルートで間取りを作ります。また、1,000万円台の家で好評なのが、「吹き抜け型のリビング」。シンプルな家の構造をオシャレに演出した空間です。以前は、空間が広いので「冷暖房費がかかるのでは?」という心配もありましたが、最近で冷暖房費がかからない省エネタイプの家が実現しています。



2,000万円台の場合


●2,000万円台住宅の特徴
2,000万円台で家を建てる予算があるなら、1,000万円台でコストを抑えていた、最新の住宅設備の導入などが可能になります。家の建築で使用する建材や部材も、量産品のリーズナブルなものではなく、こだわりのある素材を使うことができます。施主の希望をすべて実現させるには、もう少し予算が必要になりますが、住宅設備や外壁など家づくりにおける「優先順位」が高いものについては、希望が叶えられるのが2,000万円台の家の特徴です。


●2,000万円台住宅の間取り成功例
2,000万円台の家なら、間取りでもこだわりが見せられます。例えば家の中により自然光を取り込み、風通しも良くなる窓の数を増やしたりすることもできます。それぞれの部屋の収納性も高められ、台所ではすぐ側に食材や食器が収納できるパントリーが設置できる他、リビングの一角にはゆっくり読者が楽しめる書斎コーナーも。また、寝室にはウォークインクローゼットの設置も可能で、自由に高さが調節できる可動棚を造作して使い勝手の良い衣類の収納棚ができます。このように、間取りの工夫しだいで、より個性的な家づくりが可能になります。



平屋住宅の場合


●平屋住宅の特徴
注文住宅には「1階建て」とも呼ばれる平屋住宅もあります。部屋がすべて1階に集約されており、上下に移動する必要がありませんので、洗濯を干すためにベランダに行くこともありません。リビングから庭へひと続きしているので、ウッドデッキスペースなどを設けると、より自然を感じながら暮らすことができます。


●平屋住宅の間取り成功例
平屋住宅は、広い敷地の中に建てるので上手に活用すると個性的な家作りができます。その成功例の一つが「ウッドデッキのある間取り」です。リビングに隣接することで、リビングとの段差がなく行き来することができ、例えばホームパーティやバーベキューが楽しめる空間として利用できます。

また、自分の趣味を活かした家作りもできます。その一つに「ガレージハウス」があります。平屋の家の横にガレージが作れます、間取りによっては家から愛車がいつも眺められるので、車好きの人にとっては最高の環境と言えるでしょう。広いガレージ空間は、車を眺めるだけでなく、車が出庫している間は、家族団らんの場所として、バーベキューを楽しんだり、子供との遊び場にしたりして使うこともできます。






間取りを決めるプロセス


1.ゾーニングする

ゾーニングとは、リビング・ダイニング・お風呂・トイレ・寝室などを家のどこに配置するのか、部屋ごとで考えるのではなく、同じ用途を持つ部屋をブロックにして配置する方法です。例えば、リビングやダイニングなど家族が集まるスペースを「パブリックゾーン」、寝室や子供部屋など個人が使うスペースを「プライベートゾーン」にするなど、細かい間取りを考える前に、大まかな配置を決める上で必要な作業です。


2.ゾーニングに合わせて間取りを細かく決める

ゾーニングで大まかな配置を決めたら、次により細かくどの部屋をどこに置くかを決めます。ここで重要なポイントが「生活動線」です。例えば、洗濯機を置くスペースから、洗濯物をすぐに干せるようにベランダまでの距離を短くする、あるいは子供が外出先から帰ってきた時にリビングを通ってから子供部屋に行けるようにするなど、日常の行動パターンを考えながらベストな間取りを決めます。


3.収納スペースの位置を決める

収納スペースはたくさんあれば理想的ですが、収納スペースを作る数にも限りがあります。生活動線を考えて台所の周辺にパントリーを置くのと同じように、適切な場所に「何を収納するのか」をはっきりさせた上で収納場所を決めます。


(4)ドアの位置と大きさを決める

ドアの位置や大きさを決めます。ここを確認しておかないと引越しをする際、「ドアのサイズが小さくて家具が部屋に入らない!」といったトラブルに繋がる可能性もあります。家具の置き場所を考えながら、ドアの大きさはもちろんのこと、引き戸にするか、開き戸にするか、開き戸なら外側内側どちらに開くかなどを細かく決めます。






間取りを決める上での注意点


建築士・施工業者と密接にコミュニケーションをとる

間取りで失敗しないためには、建築士・施工業者と密接にコミュニケーションをとることが大切です。納得できる家づくりは、住む人、家を設計する人と、家を建てる人が、「同じゴールを見ているか」にかかっています。自分がイメージした通りの間取りを作るには、「ここだけは実現したい!」という希望を明確にすること、その内容を建築士、施工業者にしっかり伝えることが大切です。希望を伝えずお任せ状態にすると、「こんな感じじゃない!」と、後悔してしまうことになります。自分の希望ばかり伝えても相手は建築のプロです。「自分のプランは現実的か?」「どこか懸念点はないか?」を聞き出すことも大切です。


予算内に実現が可能か?

「自分のプランは予算内で実現できるのか?」「どのくらいの予算があれば実現できるのか?」など、予算の管理にも注意しましょう。理想の家にこだわることは大切です。また、間取りに合わせた家具の設置など、魅力的な追加プランも数多くあります。注文住宅は数千万と言う大きな買い物ですので、数万円のオプションも安く感じ金銭感覚もマヒしてしまいがちです。オプションを追加する際には、予算に対してどのくらいプラスされるのか、支払いに影響はないかなど、冷静に見積りをチェックして、予算内で実現できるのかをしっかり見極めましょう。


注文住宅は一生の買い物ですので、自分の理想にこだわりたいものです。でも、「注文住宅って金額がちょっと分かりにくい…」「本当に予算内におさまるのか心配…」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。


理想の家を実現させることは大切ですが、実際に入居するまで総額でいくらかかるのか、そのための借入や返済計画に無理はないのか、完成した後ではなく事前に分かっていれば安心です。


ワールドハウスでは、住宅業界でよくある「坪単価」「本体価格」といった分かりにくい表現はせず、「住み出し価格」で提案しています。住み出し価格とは、入居するまでに必要な費用をすべて含んだ「総額」のことで、初回の打合せの段階から提案します。ですので、後から「こんなに費用がかさんでしまった…」ということもありません。


「最初から総額で提案してくれるので分かりやすい!」とワールドハウスのオーナー様からも好評で、ワールドハウスで家づくりをされたお客さまの約40%が「OBのお客さまからの紹介」です。


より詳しく知りたい方には、「ワールドハウスの家づくりのすべてが分かるカタログ3冊」を無料でプレゼントしていますので、下記の資料請求フォームからお問い合わせ下さい。

ワールドハウスへのお問い合わせ

Contact