インテリア&収納のプロ【アンジェ・リュクス】に学ぶ、暮らしのお役立ちポイント

冷蔵庫を大改革してキレイな状態をキープ!

これでキレイな状態が続く?冷蔵庫の収納について

シリーズ1.プロに聞くお掃除のコツ(第3回)

このシリーズでは、インテリア&収納のプロである、アンジェ・リュクスのライフオーガナイザー&インテリアコーディネーターが家づくりの役立つ情報をテーマごとに紹介します。

最初のシリーズでは、お家をキレイに保つお掃除のコツをプロに聞いていきます!

全4回シリーズの第3回目は、「冷蔵庫をキレイに保つコツ」についてお聞きしました。

冷蔵庫の整理についてのポイント

今日は家族の食生活を支える場所でもある、冷蔵庫の整理についてのポイントをお伝えします。

冷蔵庫の中ってどのぐらいの頻度でお掃除されていますか?

3ヶ月に1回?半年に1回?年に1回?
各家庭によっても違いますが、一回冷蔵庫の中身を全部出し、自分の食材の持ち方について考えてみるのがおすすめです。

収納する食材のエリアを決めましょう

食材を全部出した後、戻すときに写真のように、モノの住所を決めると探しやすくなります。

例えばこんな風にエリア分けできます

●1番上:頂き物エリア
急に入ってきた頂き物や、ご近所さんにおすそ分けしたいモノなど。

●2番目:作り置きエリア
こちらは、野菜の酢漬けやおかずなど、作り置きして保存しておきたいモノ。

●3番目:普段エリア
鍋ごと入れたり、すぐに食べるものなどは、見やすい場所におきましょう。

●4番目:お手伝いエリア
お子さんがいらっしゃるなら、この段はお子さんがよく食べるものを収納して、自分たちで出し入れしてもらいましょう。

●5番目:開封ものエリア
袋を開封したら、この段に。

はじめにこんな風に、段ごとのエリアを決めると戻すのも探すのも楽になります。

工夫次第で、「冷蔵庫を整理したら、賞味期限切れの食材でいっぱい!」なんてことが防げますよ。皆さんもぜひ真似してみてくださいね。

インテリア&収納のプロに学ぶ
暮らしのお役立ちポイント
ライフオーガナイザー&インテリアコーディネーターが家づくりの役立つ情報をテーマごとに紹介します。


株式会社アンジェ・リュクス 代表取締役 森下純子

プロフィール
2015年株式会社アンジェ・リュクスを設立。ライフオーガナイザー®として、インテリアを魅せるだけでなく、使いやすさや思考の整理を重視した空間づくりで、住まう人が心地よく暮らせる家づくりをサポートしている。一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会の1級認定講師として人材育成にも携わる。現在は「右左脳棚®」の開発や、プチプラ収納リフォームで全国展開を行う。片づけやすい家のモデルハウス監修の他、アートやインテリアでホームステージングなどにも取り組む。

こちらもおすすめ!