インテリア&収納のプロ【アンジェ・リュクス】に学ぶ、暮らしのお役立ちポイント

子どもの古着が大掃除の強い味方に!
ウエスにして最後まで活用しよう

大掃除に役立つアイテムのご紹介!

 シリーズ1.プロに聞くお掃除のコツ(第1回)

このシリーズでは、インテリア&収納のプロである、アンジェ・リュクスのライフオーガナイザー&インテリアコーディネーターが家づくりの役立つ情報をテーマごとに紹介します。

最初のシリーズでは、お家をキレイに保つお掃除のコツをプロに聞いていきます!

全4回シリーズの第1回目は、大掃除に役立つある「アイテム」についてお聞きしました。

 ウエスは万能!子どもの古着を最後まで活用しよう!

子ども服って、どんどんサイズアウトしていきますよね。我が家は、お下がりとして使えるもの以外の汚れやほつれが目立つ服は、役割を変えウエスとして再利用しています。



最後まで活用すれば処分することへの罪悪感も減るうえ、節約にもつながります。

 作り方も収納場所も決まりはない

用意するモノは、要らなくなった衣類とハサミ。使う場所を予想し適当な大きさに切ります。

生まれ変わったウエスは、1か所にまとめずにキッチン・トイレ・洗面所・・・と散りばめて収納すれば、使いたい時にサッと取り出せて便利です。


お気に入りのケースに入れることで、見た目のストレスもなくなります

我が家の使用例

キッチンコンロ脇
調理中に飛んだ油や、こぼした調味料をサッと拭くことができます。使い捨て感覚で使えば洗う手間も省け、ティッシュよりも経済的です。

トイレ収納棚
子どもが失敗したときは、パッと取り出し、掃除した後は処分すればいいだけ。ウエスで大まかに汚れを拭き取った後は、専用の除菌シートでしっかりと拭けば、お掃除完了です。

洗面台周辺
手洗いや洗顔をするたびにびしょびしょになる洗面台。使った後に、ウエスで周りを拭く習慣がついていれば、次の人も気持ちよく使うことができます。

役目を終えた衣類もしっかりと最後まで使いきることができれば、「ありがとう」と気持ちよくさようなら(処分)できるようになりそうですね。

皆さんもぜひ、いらなくなった子ども服を活用してみてはいかがでしょうか?

インテリア&収納のプロに学ぶ
暮らしのお役立ちポイント
ライフオーガナイザー&インテリアコーディネーターが家づくりの役立つ情報をテーマごとに紹介します。


株式会社アンジェ・リュクス 代表取締役 森下純子

プロフィール
2015年株式会社アンジェ・リュクスを設立。ライフオーガナイザー®として、インテリアを魅せるだけでなく、使いやすさや思考の整理を重視した空間づくりで、住まう人が心地よく暮らせる家づくりをサポートしている。一般社団法人日本ライフオーガナイザー協会の1級認定講師として人材育成にも携わる。現在は「右左脳棚®」の開発や、プチプラ収納リフォームで全国展開を行う。片づけやすい家のモデルハウス監修の他、アートやインテリアでホームステージングなどにも取り組む。

こちらもおすすめ!