MENU
↑
資料請求 来場予約 イベント情報 お電話
CLOSE

新着情報

News & Topics

『インテリア計画・色の効果について』

コラムトップ

こんにちは。

アンジェ・リュクス代表森下です。

インテリアコーディネートで気をつけたい、色のお話です。

お家を建てた後の雰囲気を想像するのは、なかなか難しいものですが

クロスや床材を選ぶ際には、小さな面積のサンプルを見て決めることが

多いので、新居で「選んだのは、こんな色だったかな?」と

感じることも多いと聞きます。

色は空間を左右する大切な要素の一つ。

今日はクロス選びでおさえておきたいポイントをお伝えします。

①小さい面積で見る色は大きい面積で見ると、色調がワントーン上がる

小さい面積のサンプルで見ている色は、

実際の大きい面積で見ると、色調がワントーン上がり

明るい色はより明るく、

鮮やかな色はより鮮やかに見える。

と覚えておきましょう。

例えば、グレイッシュなトーンはペールトーンに見えますので

ちょっと暗いかな。ぐらいの肌に近い色を選ぶと、

より落ち着いた部屋になるでしょう。

269270

選んだ色⇨ 実際はワントーン明るい色にみえる

271

※画像はリリカラよりお借りしています。

②縦柄は高さを強調したい時に、横柄は奥行きを出したい時に

クロスは、柄の選び方によっても空間の印象が違ってきます。

例えば、縦ストライプの柄は、天井高をより高く見せる効果があります。

また、横ボーダー柄は、奥行き感を出したい時には効果的です。

お部屋によって使い分けてもいいですね。274

※画像はリリカラよりお借りしています。

 

③大柄と小花柄の効果

大きな柄は、アクセントで柄を強調したい空間などに効果的です。

例えば、ダマスク柄など、寝室や和室の壁などに取り入れると、

おしゃれで個性的な空間になります。

小花柄は空間を広く見せる効果がありますので

洗面所やトイレなど狭い部屋を広く見せたい場合にオススメです。

275

※画像はサンゲツよりお借りしています。

ぜひ、クロス選びの参考にしてみてくださいね。

次回は、インテリア計画・照明選びについてお話しします。

お楽しみに!

インテリアの配色で悩んだ時は?の記事も参考にしてみてください

株式会社アンジェ・リュクス ホームページはこちら↓

http://www.angeluxes.net

最新記事
カテゴリ

その他のコンテンツOthers

はじめての方へ Concept
家づくりのこだわり Quality
お客様の声 Voice
施工事例 Works
よくある質問 Q&A
展示場 Model Room
企業情報 Compnay
アフターメンテナンス・修理のご相談 After Maintenance/Repair