住宅性能

Performance

KJP外張断熱工法

KJP外張断熱工法とは

軸組工法とパネル工法、
それぞれのメリットを取り入れ、
モノコック構造の利点を活かし、
高性能断熱材を貼り付けたパネルを
組み込んだ工法です。
ワールドハウスでは、
この【KJP外張断熱工法】を
全シリーズに標準採用しています。

※高性能断熱材「フェノールフォーム」

木造軸組工法+木造枠組工法+外張断熱工法 KJP外張断熱工法

各工法の3つの良いところを
融合させたのが
KJP外張断熱工法です。

木造軸組工法

柱(タテの軸)と梁(ヨコの軸)で家の骨組みを
構成する日本古来の伝統工法

木造軸組工法 木造軸組工法

メリット

・制約が少なく間取りが自由。
・窓などの開口部が大きく作れる。
・後々の間取りの変更が容易。
(リフォーム)

デメリット

・外から強い力が加わった
時変形しやすい。

木造枠組壁工法(パネル工法)

面と面で家の骨組みを構成する
北米風の工法

木造枠組壁工法(パネル工法) 木造枠組壁工法(パネル工法)

メリット

・外から強い力が加わった時に
変形しにくい。
・施工が容易なので工期が短め。

デメリット

・窓や開口部が制限される。
・木材による調湿がされにくい。

外張断熱工法

家全体を断熱材ですっぽり覆い、
外気を遮断して熱を逃がさないようにする工法

外張断熱工法 外張断熱工法

メリット

・躯体をすっぽり断熱材で
囲むので断熱効果が高い。
・壁内結露が起きにくい。

デメリット

・外壁材の垂れ下がり
・高価

融合させたことにより
大きな特徴が生まれました。

自由な間取りが可能ながら、
パネルによって力を面で
分散さるので地震に強い
地震に強い 地震に強い

断熱性能と機密性能が高い為、
冷暖房コスト削減可能。夏涼しく、冬暖かい。
カビやダニの発生の元になる「結露」を抑制。
独自の断熱パネルで、外断熱工法の弱点である
「耐久性の低さ」を克服。

地震や台風等の際に建物の
接合部に力が集中することを分散
地震に強い 地震に強い

柱や梁といった<線>で構造を支える工法では、
地震や台風等の際に建物にかかる力が
接合部に集中してしまいます。
ワールドハウスでは、軸にパネル材を組み合わせた
モノコック構造で外力を分散させます。

さらに融合させることにより
デメリットをメリットに
変えました。

木造軸組工法・木造枠(パネル工法)工法の
弱点を克服した方法

窓や開口部の設計に制限があることを
木造軸組工法によって解消

木造軸組工法によって解消

集成材の調湿のしにくさを
ヒノキ柱(無垢)を全棟標準仕様で解消

全棟標準仕様で解消

高い断熱効果を生む素材

・木の断熱性能と自然呼吸効果に着目
・「省エネ大賞」「オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」の
優れた断熱材フェノールフォームを採用

自然の木はもともと優れた断熱性能を保有しています。
コンクリートの約20分の1という低い熱伝導率です。
熱伝導率が低いということは、外気など周囲の温度変化の影響を受けにくいということになります。
また、外張断熱工法に欠かせない断熱材には、最高クラスの熱伝導率の低さを誇り、燃えにくく経年変化の少ないフェノールフォームを採用しています。
高い断熱効果を生む素材

ワールドハウスへのお問い合わせ

Contact