MENU
↑
資料請求 来場予約 イベント情報 お電話
CLOSE

新着情報

News & Topics

『見せると収納と隠す収納』

コラムトップ

こんにちは。アンジェ・リュクス スタッフ宮嶋です。

収納には「見せる」収納と「隠す」収納がありますが、

どちらがお好みですか?どちらにもメリット・デメリットがありますので

ポイントを押さえて上手に取り入れましょう。

見せる収納

見せる収納とは、モノをしまい込まずに飾りながら使う、

言うなれば“出しっ放し収納”のこと。

ひと目でどこにあるか分かるし、ワンアクションで手に取れるから使う時も戻す時もラク。

テイストを揃えておしゃれなグッズを並べればテンションのあがる素敵な空間に。

気をつけたいのは、置きやすいからといって気軽にどんどん置いてしまうこと。

統一感なく、なんでも置きっ放しにするとただの散らかった部屋になります。

雑然と見せないためには少々センスが必要です。

また、置きっ放しは埃も溜まるということ。

掃除の手間もかかるので、お掃除をラクにすませたい方はそこも考えてみてくださいね。545

※本社展示場(子世帯)「見せる」キッチン

隠す収納

一方隠す収納は、モノを収納スペースの中にしまうので、

出し入れの際に扉や引き出しを開け閉めするアクションが必要です。

ただ、扉を閉めれば見た目スッキリ。モノが出ていないぶん、掃除もラクです。

こちらの場合に気をつけたいのは、“見えないからいいや”と適当にモノを詰め込むこと。

いつのまにかモノが増えて乱雑になり、中に何が入っているかわからなくなることも。

いくらお部屋をすっきり見せられても、欲しいモノが見つけられないのはストレスです。546

※千葉展示場(スマイル)「隠すキッチン」

いかがですか?

モノの使用頻度やデザイン・自分の特性を考慮して、

「見せる収納」「隠す収納」どちらが使いやすいのか考えながら収納を計画してみてくださいね。

こちらの記事もご参考に↓

「見せるキッチンで家事を楽に、楽しくする」

「キッチン収納全て隠しちゃいます!」

アンジェ・リュクス ホームページはこちら↓

http://www.angeluxes.net

最新記事
カテゴリ

その他のコンテンツOthers

はじめての方へ Concept
家づくりのこだわり Quality
お客様の声 Voice
施工事例 Works
よくある質問 Q&A
展示場 Model Room
企業情報 Compnay
アフターメンテナンス・修理のご相談 After Maintenance/Repair