MENU
↑
資料請求 来場予約 イベント情報 お電話
CLOSE

新着情報 News & Topics

『棚収納の上手な使い方』

コラムトップ

こんにちは。アンジェ・リュクス スタッフ 宮嶋です。

空間を収納として利用するのに、「棚」はとても便利です。

棚収納を作るときに抑えておきたいポイントを3つご紹介いたします。

 

1. 可動棚が便利

棚の高さ調整や、棚板の増減が自由にできると

モノの大きさに合わせたスペースを作ることができます。

497

山武モデルハウスのリビング収納。

棚板を自由に動かすことで

小物・オムツなどのストック類・ミシン・アイロン台など

様々な大きさのアイテムを収納しています。

ライフスタイルの変化によって

モノの持ち方や収納の仕方も変わってきますよね。

変化にもラクラク対応できて便利です。

2. 収めるモノに合った奥行きで

たくさん入るから、という理由で

奥行きの深い収納を選ぶのはちょっと待って。

いくら収納量が多くても、「手前」と「奥」ができてしまうと

収納はとたんに使いづらくなります。

棚の前に立ったときに

収納されたモノがすべて見渡せるのが理想的。

取り出しづらく、見えない奥のモノは

忘れ去られて死蔵品になる可能性大です。

収めるものに合わせて奥行きを選びましょう。

もともと奥行きが深い収納をお持ちの場合は

・手前のみ使う 

・手前のモノをすぐ動かせるようにしておく

・引き出しを使う

などの工夫をするとよいでしょう。

3. 収納グッズで使いやすく

498

ミシンやアイロンなど、シンプルに直置きしたほうがいいものもありますが、

文具や書類など細かなものの収納には収納グッズを上手に使いましょう。

書類はファイルボックス、文具は引き出し、おもちゃはかご、など

それぞれに使いやすい収納グッズを選んでください。

一緒に使うものをひとまとめにしておくグルーピング収納もおすすめ。

例えば、ひも・ガムテープ・ハサミなどを

梱包グッズとして1つのボックスにまとめておけば

使うときに必要なものが1度で取り出せて便利ですよね。

 

いかがでしたか?棚収納の上手な使い方。

棚は家のあらゆる場所で活用できますので

ぜひこの3つのポイントを参考になさってくださいね。

関連記事はコチラ↓

「収納は使いやすい奥行きに」

「奥行きがある物入れの使い方」

 

アンジェ・リュクス ホームページはこちら↓

http://www.angeluxes.net

 

最新記事
カテゴリ

その他のコンテンツ Others

はじめての方へ Concept
家づくりのこだわり Quality
お客様の声 Voice
施工事例 Works
よくある質問 Q&A
展示場 Model Room
企業情報 Compnay
アフターメンテナンス・修理のご相談 After Maintenance/Repair