MENU
↑
資料請求 来場予約 イベント情報 お電話
CLOSE

新着情報

News & Topics

「畳スペースがあるリビング」

コラムトップ

こんにちは。アンジェ・リュクス スタッフ宮嶋です。

畳にごろんと寝転ぶのって気持ちがいいですよね。

最近はリビングの中に畳コーナーを設けるお宅も多くあります。

千葉展示場「スマイル」リビングにはフラットなタイプ。

646

本社展示場 親世帯リビングは小上がりタイプ。

647

畳のスペースがあると、お子さんがお昼寝をしたりおもちゃを広げるのに便利ですし、

洗濯物をたたんだりアイロンをかけたりする家事スペースとしても使えます。

こたつを置いてぬくぬく過ごすのもいいですね。

 

畳スペースがフラットな場合、

リビングとのつながりや空間の広がりを感じることができます。

一方、小上がりタイプの場合だと視覚的に狭く感じるデメリットがありますが、

段差を利用して収納を作ったり、

ベンチとして使うことができるメリットも生まれます。

本社展示場 親世帯リビングでは、

小上がりの引き出しスペースを健康グッズの収納場所にしています。

意外と置き場所に困るモノの1つですよね。

また、ボックスタイプのユニットを並べることでも

小上がりの畳スペースをつくることができます。

648

こちらは南海プライウッド株式会社の

「たたみボックス収納キャブロック2」

(※画像は南海プライウッド社HPからお借りしました)

カーペットやスノーボードなどの長モノも収納することができますし

ベッドとしても利用することも可能です。

ユニットを動かすことができる分、フレキシブルに使えます。

フローリングの部屋が増えてきて、

和室を作らない間取りであっても

畳のスペースが欲しいかたはいらっしゃいますよね。

作り方にもそれぞれ特徴があります。

視覚的なこと、機能、そのご家庭での用途を考えて、

家族みんなが快適に寛げる大満足な空間を計画してください。

参考記事:「健康寿命を延ばす 片づけが楽になる家〜レポ①〜」

 

アンジェ・リュクス ホームページはこちら↓

http://www.angeluxes.net

 

最新記事
カテゴリ

その他のコンテンツOthers

はじめての方へ Concept
家づくりのこだわり Quality
お客様の声 Voice
施工事例 Works
よくある質問 Q&A
展示場 Model Room
企業情報 Compnay
アフターメンテナンス・修理のご相談 After Maintenance/Repair