MENU
住まいのカタログ無料プレゼント中 実用的な情報が満載の特製カタログをお送りいたします。
カタログのご請求はこちら
© worldhouse
↑
住まいのカタログ無料プレゼント中 カタログのご請求はこちら
CLOSE
TOP > 住宅性能 > KJP外張壁断熱工法

KJP外張壁断熱工法

KJP外張壁断熱とは、軸組工法とパネル工法の良点を生かしたモノコック構造の利点を活かし、パネルに次世代高性能断熱材※を直接貼り付けた工法です。ワールドハウスでは、この【KJP外張壁断熱工法】を全シリーズに標準採用しています。 また、この工法は、木造住宅合理化システム基準性能タイプとして、財団法人日本住宅・木材技術センターからも認定を受けている信頼の工法です。
※次世代高性能断熱材「フェノールフォーム」

木造軸組工法 + 木造枠組工法(パネル工法) + 外張壁断熱工法 → KJP外張断熱工法 認定書
  • 木造軸組工法

    柱(タテの軸)と梁(ヨコの軸)で家の骨組みを
    構成する日本古来の伝統工法
    木造軸組工法
    メリット
    ・制約が少なく間取りが自由。
    ・窓などの開口部が大きく作れる。
    ・後々の間取りの変更が容易。(リフォーム)
    デメリット
    ・外から強い力が加わった時変形しやすい。
  • 木造枠組壁工法(パネル工法)

    面と面で家の骨組みを構成する北米風の工法
    木造枠組壁工法(パネル工法)
    メリット
    ・外から強い力が加わった時に変形しにくい。
    ・施工が容易なので工期が短め。
    デメリット
    ・窓や開口部が制限される。
    ・木材による調湿がされにくい。
  • 外張断熱工法

    家全体を断熱材ですっぽり覆い、
    外気を遮断して熱を逃がさないようにする工法
    外張断熱工法
    メリット
    ・躯体をすっぽり断熱材で囲むので断熱効果が高い。
    ・壁内結露が起きにくい。
    デメリット
    ・外壁材の垂れ下がり
    ・高価
↓
3つの工法の良い所を融合
  • ワールドハウスのKJP外張壁断熱工法

    ワールドハウスのKJP外張壁断熱工法
    自由な間取りが可能ながら、
    パネルによって力を面で分散さるので地震に強い。

    断熱性能と機密性能が高い為、冷暖房コスト削減可能。夏涼しく、冬暖かい。
    カビやダニの発生の元になる「結露」を抑制。
    独自の断熱パネルで、外断熱工法の弱点である「耐久性の低さ」を克服。

  • 次世代耐震工法

    次世代耐震工法

    柱や梁といった<線>で構造を支える工法では、地震や台風等の際に建物にかかる力が接合部に集中してしまいます。ワールドハウスでは、軸にパネル材を組み合わせたモノコック構造で外力を分散させます。

3工法のデメリットをメリットに変えたKJP外張壁断熱工法

木造軸組工法の弱点

外からの強い力が加わった時の変形 → パネル工法を組み込む事で解消

木造枠(パネル工法)工法の弱点

  • 窓や開口部の制限 → 木造軸工法を組み込む事で解消
    木造軸組工法:丈夫で歪みの少ない厳選された構造材
    ヒノキ柱は乾燥させることにより安定した構造を保ち、高い強度と耐久性を得ることができます。
    また、超乾燥させたヒノキ柱には優れた調湿作用があり、温度が上昇すると湿気を吸収し、温度が下がると水分を排出。壁内結露の抑制に大きな効果があります。 貼り合わせの集成材にはできない木材本来の性能です。
    木造軸組工法:丈夫で歪みの少ない厳選された構造材
  • 木材による調湿がされにくい → 全棟にヒノキ柱(ムク)を標準仕様にする事で解消

外断熱工法の弱点

  • 外壁がズレる可能性 → 外壁を直接躯体に固定する事で解消
    外断熱工法の弱点を克服
    従来型外断熱工法は外壁の垂れ下がりが大きな問題となっております。
    躯体の外側を包み込むように断熱材で覆う為、外壁を断熱材に留めるしかなく、地震などで長い時間揺れると外壁がズレる可能性があります。
    KJP外張壁断熱工法では断熱材をつけた壁パネルを柱と柱の間にいれることにより、外壁を躯体に直接固定することが可能となりました。
  • 外壁がズレる可能性 → 外壁を直接躯体に固定する事で解消
  • 一般的な外断熱との大きな違い
    ・木の断熱性能と自然呼吸効果に着目
    ・「省エネ大賞」「オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」の
     優れた断熱材をフェノールフォームを使用
    ワールドハウスのKJP外張壁断熱工法では柱を断熱材で覆うことはしていません。覆わないことで無垢のひのき柱の呼吸をより促し、内部結露の不安を解消しますが、かといって一般的な外断熱よりも断熱性能が劣ることはありません。自然の木の持つ優れた断熱性能を活かした特別な断熱工法なのです。
  • 同じ断熱性能を実現できる厚み比較 断熱材の種類と熱伝導率比較 木・フェノールフォームの性能確認

さらに!強く快適な家に!!

ワールドハウスではKJP外張壁断熱工法にプラスして地震に強い剛性床工法、防湿ベタ基礎(地熱の利用)も標準採用しています。
KJP外張壁断熱工法と組み合わせる事で最大の効果が期待できます!

  • 外断熱防蟻工法
    外断熱防蟻工法
  • 剛性床工法
    剛性床工法

防湿ベタ基礎断熱工法

防湿ベタ基礎断熱工法 基礎地熱とは、「床」ではなく、「基礎」で断熱すること

基礎下の地盤は自然の蓄熱体となるため、年間を通して温度が安定しています。

  • 基礎下地盤 夏
  • 基礎下地盤 冬
  • KJP外張壁断熱工法=モノコック化された最強の家
    「軸組工法」+「パネル工法」+「剛性床工法」+「外張断熱工法」と「防湿ベタ基礎」とを合体した「KJP外張壁断熱工法」。
    軸組工法とパネル工法の優位点を融合し、躯体を一つの箱のように一体化(モノコック構造)させることにより、地震等の強い外力を面全体に受け、バランス良く分散し、各接合部への力の集中を緩和する優れた耐震性・耐風性を持った構造を実現しました。
    KJP外張壁断熱工法=モノコック化された最強の家
  • 価格を上げずに全シリーズに標準採用
    「全てのシリーズに標準採用」していることは、お客さまにとっての一番のメリットになります。他メーカーの外断熱仕様は坪当たり約5万円(例:40坪で約200万円)のオプション工事が必要になるケースがほとんどですが、ワールドハウスでは全てのシリーズに標準仕様なのです。
    さらに標準仕様の中には「基礎断熱」までもが含まれています。 年間を通して床下の温度が安定する「基礎断熱」を外張壁断熱工法に組み合わせることこそが、住宅性能を大幅に向上させる大きなポイントです。
    価格を上げずに全シリーズに標準採用

自社工場で生産し、安定供給・コスト削減に!

  • 自社工場で生産し、安定供給・コスト削減に!
  • KJP外張壁断熱工法に使用される外断熱パネルは、郡建設の自社工場(ジャストパネル旭工場)で生産されています。
    先進技術を駆使したコンピュータ管理のマシンを使って生産されるパネルは、現場施工のパネル精度とは比較にならない完成度を誇り、住宅性能の大幅なレベルアップを実現しました。
    また外断熱パネルの完全自社生産~現場への自社直接納入~高精度の施工性と工期短縮の実現により、いままで「高すぎる…」と言われてきた外断熱工法が、価格を上げることなくワールドハウス全てのシリーズに標準採用できました。

    自社工場で生産 安定供給・コスト削減
ワールドハウスの家づくりをもっと詳しく! 住まいのカタログ 無料プレゼント中! 標準仕様5つのこだわり オーナー様の感想コメント 100種を超える間取り事例 >>詳しくはこちらワールドハウスの家づくりをもっと詳しく! 住まいのカタログ 無料プレゼント中! 標準仕様5つのこだわり オーナー様の感想コメント 100種を超える間取り事例 >>詳しくはこちら

その他のコンテンツ Others

はじめての方へ Concept
家づくりのこだわり Quality
お客様の声 Voice
施工事例 Works
よくある質問 Q&A
展示場 Model Room
企業情報 Compnay
アフターメンテナンス・修理のご相談 After Maintenance/Repair